交通事故

裁判になったら、交通事故で後遺症が残った場合の慰謝料は高くなりますか?

交通事故で後遺症が残った場合の慰謝料の算定方法には、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準という3つの基準がありますが、どの基準も、自賠法施行令の等級の認定を受けた「後遺障害」の等級を基準に慰謝料額を設定しています。

ただし、自賠法施行令の等級の認定結果を基にする点では共通しますが、自賠責保険基準と裁判所基準には金額に大きな差があります。

具体的には、同じ1級の後遺症(両眼が失明したもの・咀嚼及び言語の機能を廃したもの・両上肢をひじ関節以上で失ったもの・両上肢の用を全廃したもの・両下肢をひざ関節以上で失ったもの・両下肢の用を全廃したもの)について、自賠責基準では1100万円なのに対し、裁判所基準では2800万円が目安とされています。一番低い14級(1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの、1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの、上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの等)でも、自賠責保険基準では32万円、裁判所基準では110万円と差があります。

ただし、裁判所基準はあくまで目安で、このままの金額が認められるとは限りません。裁判所基準に沿って適切な慰謝料を請求したい場合には、間に専門家をたてて、しっかりと後遺症の主張をしていくことが重要です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号もしくはメールフォームから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする