交通事故

ひき逃げ事件を起こしました。どういう罪になりますか?

大通りを走る自動車

ひき逃げ事件は、交通事故を起こした際に、被害者を助けたり事故を報告することなく、逃亡することをいいます。道路交通法第72条の救護義務違反がひき逃げにあたりますが、法律で「ひき逃げ」という罪は定められているわけではありません。

救護義務とは、交通事故を起こした場合に、車の運転手が負傷者を適切に助ける義務をいいます。人身事故を起こして現場から逃走すると、救護義務違反としてひき逃げの罪が成立します。また、110番通報をしなかった場合は、道路交通法上の報告義務違反の罪も成立することになります。

ひき逃げ事故は、前提として交通事故で被害者に怪我を負わせているので、過失運転致傷罪が成立します(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律)。加えて、事故を起こしたのに110番通報や、被害者の救護をしなかったことについて、道路交通法の報告義務違反、救護義務違反の罪が成立します。そのため、通常の交通事故よりも、ひき逃げの方が重い罪になります。

実際に、ひき逃げ事故を起こして受ける刑罰は、交通事故の不注意の程度、被害者の怪我の程度や人数、逃走した状況などによって変わります。相手のケガの重さ、相手の人数、任意保険の有無、逃亡後の状況等の事情によって左右されます。逃走したけれど、すぐに思い直して引き返したような場合は罰金刑で済むこともありますが、事件が悪質で、被害者が亡くなったようなケースでは、初犯でも実刑になりえます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号もしくはメールフォームから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする