交通事故

交通事故で働けませんでした。休業補償は請求できますか?

交通事故での休業損害の請求

交通事故に遭った場合に請求できるお金(損害賠償)は、積極損害・消極損害・慰謝料の3つに分けられます。事故が原因で、働くことができずに生じた収入の減少を「休業損害」といい、消極損害に含まれます。特に、貯蓄が少ない人や、毎月家賃の支払いがある人、ローンの返済がある人などは、収入が途絶えると大きな支障が生じるので、弁護士に相談するなどして適正な金額を計算して請求してください。

休業損害の金額は、1日あたりの損害額(日額基礎収入)に休業日数をかけて算出します。但し、休業日数は、実際に会社を休んだ日のうち、傷害の程度や治療過程、仕事の内容などから相当な日数が認められるので、休んだ日数と同じになるとは限りません。

具体的な休業損害・日額基礎収入の金額は、(交通事故前の3ヶ月の給与総額÷90日)か、又は(交通事故前の1年間の給与総額÷365日)で計算します。

会社員の場合、雇用主が提出する休業損害書や源泉徴収票などが基準になりますが、賃金センサスの平均給与額によって計算することもあります。自営業者などの事業所得者の場合は(事故前の1年間の所得÷365日)で計算します。主婦や主夫などの家事従事者の場合は、家事ができなかった期間につき休業損害が認められます。賃金センサスの女性労働者の全年齢平均給与額または年齢別平均給与額を基礎に計算するのが通常です。失業中や無職の人が交通事故にあった場合は、原則休業損害は認められませんが、就職の可能性が極めて高い場合には休業損害を請求することができます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号もしくはメールフォームから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする