遺産相続

遺言書には種類があると聞きました。どの遺言書がお勧めですか?

遺言は、文字で遺すことが原則とされているので、ビデオや録音などによる遺言は認められていません。遺言の種類には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

①自筆証書遺言

本人が、全文を手書きし、日付を入れて署名捺印した遺言書です。用紙は何でも構いませんが、必ず自分で書かなければならず、ワープロ文字や代筆は認められません。

②公正証書遺言

本人が、公証人役場に出向いて証書に遺言を記載して署名捺印の上封印し、公証人1人と証人2人以上に提出します。公証人が記録の上、本人と証人と共に署名捺印して作成します。

③秘密証書遺言

公正証書遺言と同様に公証役場で作成します。遺言書の内容は密封され、公証人も内容を確認できない点で異なります。

それぞれの遺言のメリットとデメリットは以下のようになります。

直筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
メリット
  • 1人で作成できる
  • 遺言内容も遺言したことも秘密にできる
  • 作成費用がかからない
  • 簡単にできる
  • 確実に作成できる
  • 変造、偽造されにくい
  • 検認手続が不要
  • 字が書けなくても利用できる
  • 遺言の存在を明確にして、遺言内容を秘密にできる
  • 変造・偽造される可能性が低い
デメリット
  • 手書きに限定される
  • 遺言要件を欠きやすい
  • 変造、偽造されやすい
  • 紛失の危険性が高い
  • 検認の手続が必要
  • 費用がかかる(公証役場の手数料、証人依頼代など)
  • 遺言の存否や内容が第三者(公証人・証人)に知られる
  • 手続きが複雑
  • 紛失・未発見の危険がある

一般的に最も多く利用されているのが直筆証書遺言ですが、確実性の点でお勧めできるのは公正証書遺言です。秘密証書遺言は、手続きが複雑でほとんど利用されていません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号もしくはメールフォームから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする