債務整理

過払い金はどうやって請求したらいいですか?

過払い金の返還請求は、まず過払い金の金額を算出することから始まります。金額が分かったら、貸金業者に返還を請求し、交渉の上、合意書を交わします。貸金業者が応じない場合は、裁判をすることになります。これらの手続きは、ご自身で行うことも可能です。しかし、貸金業者との交渉や裁判所への度重なる出廷など、不慣れな方には大きな負担となることが考えられます。

弁護士に依頼された場合は、以下のような流れになります。

①受任

受任すると、弁護士がすぐに過払い金の返還請求手続を受任したことを記した「受任通知(介入通知)」を貸金業者に送ります。借金が残っていた場合は、この通知によって本人への返済の取立てを止めることができます。ご本人が請求した場合は、取立ては止まらないので注意が必要です。

②過払い金の算出(引き直し計算)

貸金業者から入手した取引履歴をもとに,利息制限法の金利で借金の金利を計算し直し(引き直し計算)、過払い金の額を確定します。貸金業者によって異なりますが、受任から取引履歴の開示までに、多くの場合1~3か月かかります。

③返還請求・返還交渉・合意

弁護士から、貸金業者に対して「過払い金返還請求書」を発送し、弁護士が、貸金業者と、返還金額や返還日について交渉します。貸金業者が返還に応じた場合、双方で合意書を交わします。逆に応じない場合は、裁判所へ訴訟を起こすことになります。

④過払い金の返還

合意した返還日までに、貸金業者がちゃんと入金するように、弁護士が監視します。

なお、裁判になった場合は、訴訟を提起し、弁論期日で主張と反論を繰り返します。ある程度で、裁判所の勧告に従い和解交渉を行います。和解交渉がまとまれば和解をし、返還日までに入金されるよう、監視します。和解がまとまらなければ、裁判所の判決を受け、判決に基づく金額の入金を行うよう督促することになります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号もしくはメールフォームから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする