債務整理

過払い金を取り戻す裁判を起こしたらどうなりますか?

貸金業者に過払い金の請求を行い、貸金業者が応じない場合は、裁判に持ち込むことになります。裁判で過払い金の返還請求を行う場合の流れは、以下のようになります。

①裁判を起こす

裁判所に、訴状や書証(証拠)、収入印紙等を提出し、訴訟を提起します。

②口頭弁論に向けて

裁判を起こすと、貸金業者(被告)に裁判所から訴状が送られます。訴状の提出から約1か月後を目安に、第1回口頭弁論の日にちが決められます。被告から、第1回口頭弁論期日の前までに、主張や反論を書いた答弁書が届くので、精査して準備します。

③第1回口頭弁論期日のあと

第1回口頭弁論が行われた後は、およそ1ヵ月に1回のペースで期日が開かれます。その前に準備書面を提出し、毎回主張や反論を繰り返すことになります。十分主張・反論がされたころに裁判所が和解を勧告します。

④和解交渉

裁判所の和解勧告に従い、被告か原告から和解案を提示して、和解交渉を行います。和解交渉がまとまれば和解をします。和解で決めた返還日までに入金がされるように、弁護士が監視します。

⑤判決

和解交渉がまとまらなければ、裁判所の判決の言い渡しを受けることになります。判決が出た場合は、弁護士が貸金業者に対して、判決に基づく金額を入金するよう督促します。しかし、それでも支払いに応じない貸金業者もいます。そのような場合は、強制執行の手続を行い、過払い金を回収します。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号もしくはメールフォームから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする