川崎の弁護士トップ > 借金解決の方法について > 個人再生

個人再生

個人再生とは?

個人再生は、裁判所を通じた手続を行うことにより、借金を一定程度減額した上で、それを原則として3年以内の分割で支払うという手続です。

個人再生のメリット

  • 借金が原則として約5分の1に減りますので、任意整理により全額借金を返済する場合に比べて、返済負担が減少することがあります。
  • 住宅を手放したくないというご希望がある場合には、住宅ローンは今までどおり支払い続けながら、他の借金のみを減額するという方法で、住宅を維持できる可能性があります。この点、自己破産する場合には原則として住宅を手放すことになりますので、自己破産に比べてメリットとなります。

個人再生のデメリット

  • 個人再生手続を利用するためには、安定した収入がある等一定の要件が必要となります(要件については複雑ですので、個別にお問い合わせください。)。
  • 申立てに際して色々と書面を用意しなければならないため、任意整理に比べると一定の手間がかかります。
  • 減額とはいえ借金は残りますし、住宅を手放さずにいたい場合には住宅ローンの支払いを今まで通り継続する必要がありますので、結果として返済負担が自己破産する場合にくらべると相当程度重くなります。
川崎市の法律事務所へのご予約・お問い合わせは 0120-721-656 または ご予約フォームから